シミをカバーするファンデーションと根本からの解決

シミをカバーするファンデーションと根本からの解決

年齢とともに肌トラブルが増えていくのは自然なことで、どれだけケアをしても完全に防ぐのは難しいです。特にシミは女性の悩みで上位に位置して、対策が必要とされています。

 

一時的なカバーとしてはファンデーションとコンシーラーを活用すれば隠すことができますし、最近は専用のメイク用品も販売されているので利用するのがおすすめです。

 

ただファンデーションでカバーした場合、メイクを落としてしまえばシミは見えてしまうので、根本からの解決が必要になります。この時に利用するのがシミを消すクリームなどで、さまざまなものが出ているので使ってみるといいです。

 

ただ数が多く選び方が分からないといった場合もありますので、そういった時は口コミをチェックすると参考になります。実際に製品を使ったことがある第三者の意見というのは、率直さがあり、メリットとデメリットが伝わってくるので購入する際の役に立つはずです。

 

事前にしっかりと情報収集を行うことで、自分に適したより良い製品が見つかる可能性があるので試してください。体質によって効果に差が出るので、自分に似合ったものを見つけることが大切です。丁寧にケアをすれば、美肌を取り戻すことができます。

 

 

ファンデーションは、シミの周りに塗る

顔にできてしまったシミ、どうにかして消したいと毎朝必死にファンデーションを顔にたたきこんでいませんか。
私も年を重ねるごとに1つ、また1つと増えてきて、だんだんも濃くなってきました。

 

これまでは必死に、シミの上にファンデーションを重ねて、その上にパウダーを重ね、なんとかして隠そうと奮闘していました。

 

ところが、趣味で絵を描いていた時にふと「悩みの色を消すのではなく、周りの色と調和させたら目立たなくなるのでは?」と思いつき、シミより少し薄い色のファンデーションをシミの周りに塗って広めていき、肌になじませたうえで、パウダーを全体に重ねてみました。

 

すると、パッと鏡を見たときの妙な「厚塗りで、不自然に隠しています!」という部分がなくなり、全体的に自然な仕上がりとなりました。
また、薄化粧で健康的な肌の仕上がりとなり、周りの人からも「化粧品変えた?肌が綺麗になってる!」と聞かれることが多くなってビックリ。

 

シミの場所を細かく気にしているのは、意外と本人だけで、周りの人に見られているのは、顔の全体だということに改めて気づかされました。
まだそこまで濃くなっていない部分や、小さな部分は、これで大部分がカバーできます。

 

これまで使っている化粧品で、塗りかたを変えることだけですので、すぐに実践できるのでおススメです。

 

⇒シミに効くビーグレンを試してみたい方はこちら