たるみを改善する方法と化粧品の選び方

たるみを改善する方法と化粧品の選び方

肌のたるみに悩んでいる人に対しての改善方法としてどのような方法があるのかを調べてみました。

 

肌のたるみを改善するには、保湿効果のある化粧品で肌にハリを与え、表情筋を鍛えるといった2つを併せて行うことです。
スキンケア化粧品による改善と生活習慣の改善の両方からケアすることが大切です。

 

では、肌のたるみに効果的な化粧品はどのように選ぶと良いのでしょうか。
たるみに効果のある化粧品の選び方はハリに効果のある成分を含んでいて高保湿な化粧品を選ぶことです。

 

たるみを改善するには肌の中にあるコラーゲンを増やす必要があります。
ビタミンC誘導体、レチノール、コラーゲンといった成分を配合されているものを選ぶことで肌のハリやツヤがアップし、コラーゲンの生成を促してくれます。

 

保湿効果の高い成分にこだわることも大切ですが、乾燥肌や敏感肌な人は刺激の少ないタイプの化粧品を選ぶことで肌の負担を少なくします。

 

そして、高保湿な化粧品を選ぶことについては、たるみを引き起こしやすくするのは乾燥です。
乾燥が進んでしまうと肌のハリツヤが失われて、肌をたるませてしまいます。

 

たるみ改善に効果のある高保湿な成分としてセラミドやヒアルロン酸をおススメします。

 

成分を意識して化粧品を選ぶことと表情筋を鍛えることを併せて行っていけば、スキンケアと生活習慣の2つの面から効果的にアプローチします。

 

 

肌のたるみを引き上げるのに効果的なマッサージ方法とは?

肌がたるんでしまう原因は、作られるコラーゲンやエラスチンが作られにくくし、筋肉の衰えによって肌をたるませてしまいます。
さらに、乾燥や紫外線、デスクワークが多かったりスマホと向き合う時間が多いといった生活習慣なども原因です。

 

また、表情筋の動きによって脂肪や皮膚を支えていますが、加齢とともに顔の筋肉の量が減ってしまい支えきれなくなってしまうこともたるみを引き起こしやすくします。

 

では、肌のたるみを引き上げるにはどうしたら良いのかでしょうか。
たるみのケアは普段行っているスキンケアにプラスアルファをするだけで簡単に始めることができます。

 

化粧水や美容液などのスキンケア後にリフトアップ効果のあるクリームを塗ることです。
手のひらにクリームを伸ばして、顔を下から上に持ち上げるようにマッサージしてリフトアップさせます。

 

親指と人差し指の間を使って、顎から耳の後ろに持っていき、小鼻から頬に移動させていくのを3回から5回ほど続けます。
さらに上を向いて舌を出したり、目を閉じてパッと開くのも表情筋を効果的に鍛えるのにおススメです。

 

マッサージはお風呂の中などどこでも簡単にできるので、毎日の習慣にすることでたるみ改善効果へつなげてくれます。