シミのない透明感のある肌を作る術

シミのない透明感のある肌を作る術

冬季にはいつも肌の調子が悪い、秋以降には肌のくすみがある、血色が悪い、一年中シャワーを浴びているのでバスタブに浸かる日が少ない、睡眠や食事が不規則である、以上の項目に該当するときは季節柄、新陳代謝が低下している証拠、自律神経も乱れ内面からの栄養も十分に行き渡らない状態です。
そこで、血行を改善してゆき血流を促すスキンケアが重要になるのです。

 

まず、体を温める作用のあるジンジャー入りのお茶を飲みましょう。私たちの体はリラックスしている状態にある時には副交感神経が優位に働いています。

 

緊張状態や不安な心理状態が継続的に起こるとやがて睡眠不足に陥り交感神経の働きが活発化します。睡眠が満足に取れないと免疫力の低下、呼吸の浅さが目立つようになり体全体の不調にもつながることになるのです。シミに抵抗や肌の修復に必要なホルモンの分泌も低下して行きます。

 

まずは規則正しい生活リズムの実施が先決です。さらに保湿成分配合と血行促進効果の期待できる保湿泡パックなどのスキンケアで代謝アップを図りましょう。

 

高麗人参、ビタミンA、ビタミンE、イチョウ葉エキスなどの保温効果と保湿成分を上手に取り入れたスキンケアでシミのない透明な肌へ導きましょう。

 

 

シミのない肌へ導く手段 ドライスキンを避ける

シミのない肌は保湿力の高い肌からできるのです。冬になると肌がカサつく、水虫でないのに踵が硬くひび割れている、肌が乾燥して粉がふいた状態にある、ニットを着るとチクチク痛む、このような状況が見られたら相当肌が乾燥しているということです。

 

このような肌環境を引き起こす原因は幾つか感が考えられます。まず、入浴方法が間違っている場合、タオルやネットで肌を強くこすりすぎていることもあります。衛生観念が強い人ほどに、力強くこすってしまいがち。角質層に傷がつくと必要な水分が逃げていくので適切な力加減で洗いましょう。

 

入浴で失われた肌の潤いをスキンケアすることも必要です。角質のバリア機能が低下するとドライスキンと呼ばれる状態にまで陥ることもあります。
ドライスキンケアにまでなると、モイスチャーシールド成分を補充して角質層のバリア機能を回復させ、刺激から肌を守らねばなりません。

 

できるだけドライスキンになる以前のスキンケアが大切ですが、もしドライスキンケアが必要になればローションよりも一段と保湿力の高いセラミド誘導体、ビタミンE誘導体配合のクリームで角質細胞のすき間を埋めて潤いを守り、バリア機能を高めるケアを行いましょう。

 

シミのない透明感を得たいなら洗浄成分やブラシの使い方にも着目しましょう。