皮膚科医師がすすめるシミを予防するスキンケア方法

皮膚科医師がすすめるシミを予防するスキンケア方法

私たちは突然シミが肌の表面に現れたときに慌てふためきます。でも紫外線の光線を浴びてからできるシミの害は、肌の深部で毎日少しずつ蓄積されてきたものが現れただけに過ぎないそうです。

 

いわばシミはマイナスの貯金箱が溜まった状態にあるそうです。表面には黒くはならなくても肌の奥には蓄積されてある日突然、シミやソバカスとなって見えるという現実を直視する必要があります。

 

ここで、大切なことは紫外線を浴びた後にスキンケアを行うより、日常的に紫外線を浴びても大丈夫なようにUVケア用品でガードをすることなのです。

 

室内で過ごす時間が多いからといえども過信は禁物です。日中はUVケア用品を塗り、夜にはビタミンCやホワイトニング効果で紫外線の害を取り除く美容液を肌に与えてあげる必要があります。スキンケアを楽にする便利アイテムにはUV乳液がおすすめ。毎日お化粧まえに塗るだけで1日の紫外線から肌を守ります。
もうすでにできてしまったシミがある人はビタミンC誘導体、コウジ酸、カモミラなどを含有されている美容液がおすすめですね。

 

紫外線のきつい環境に身を置いている人は紫外線を長時間ブロックするUV効果のたかい下地、過去にあびた紫外線まで取り去るという美容液を選びましょう。
シミへのダメージを防ぐにはコツコツとしたスキンケアが必要になってくるんです。

 

 

シミを防ぐための目の周りの集中的なスキンケア

シミの元になりやすい冬の乾燥肌。肌環境に応じたスキンケアが必要になります。そこで症状からどのようなスキンケア対策が必要になるのか見てみましょう。

 

まず季節の変わり目に敏感肌になりやすい、生活環境ではエアコンのあたることが多い、乾燥シワにシミ、くすみが増えてきた、肌に疲れが現れている、メイクのノリが良くない、以上の条件が見られたらすでに初期老化がスタートしていると言えます。

 

細胞レベルでのスキンケア対策が必要な状態では肌へのストレスの軽減と乾燥しやすい部位への集中的な保湿ケアが求められます。環境改善とは大気汚染、自動車のデイーデルエンジン排出物質を纏わないように注意します。とくに乾燥しやすい部位、目元専用のアイパック、や美容液で集中的な保湿ケアを行いましょう。

 

目元は頬や額などの周囲の皮膚と比較しても角質層が薄くできており、皮脂腺も4分の1程度と少なくなっています。
皮脂腺、角質層が薄いにも関わらず毛細血管は肌表面にあるためにくすみができやすくもなるのです。

 

ついつい手が届かない部位ですので乾燥や小じわ、クマが出やすくなるという仕組みです。目の周辺をスキンケアすることにより、眼輪筋周辺の筋肉もリラックスできるのでおすすめです。